保険診療について

LIFE SAFETY LEARNING CENTER



〈保険診療について〉




 
保険診療が認められている治療を受けた場合、治療費の一部の自己負担のみで診療を受けることができます。残りは保険者が負担します。つまり国民の税金から支払われます。

国民健康保険や社会保険等の健康保険などの公的医療保険制度が適用される診療を受ける、つまり税金が使われるため、保険診療の内容は法的に制限されます。

診療費も診療報酬という決められた金額になっているため、診療報酬を医療機関が勝手に変更することはできません。

保険診療で気を付けておいたほうがいいてんとしては、形成外科的な手術や治療には、見た目を気にしてはいけないということです。

美容外科的な手術や治療を望んでいるのであれば、保険診療ではなく自由診療のクリニックに行くべきでしょう。なぜなら、美容的な施術がされることでそれらの治療は自由診療となっているのですから。

一定額が、保険から支払われる保険診療は手術の目的が明確になっているため、患部を治すこと以外に配慮はなされません。

 
整形外科と形成外科の違い